腰痛に対処!

腰痛の対処方法について

生理のとき、中腰姿勢を長くとったとき、腹筋運動を頑張ったとき等、腰痛は頭痛同様によく起こる症状です。
生理のとき等、腰に問題がある訳ではなく、痛みを感じなくすることを最優先に考えるときは、痛み止めを飲みます。
軽い違和感程度の痛みであれば、湿布薬を貼ったり、痛み止め軟膏を塗ったりします。多くの場合は、市販薬での対応で済み、病院を受診することはありません。
市販薬では腰痛が改善しない場合、整形外科を受診します。
レントゲンやMRI撮影で、骨や筋肉に問題はないか、ヘルニア等は発生していないかを確認してもらいます。
ヘルニアが見つかり、整形外科では牽引や電気治療を受けました。
それだけでは症状が改善しないため、接骨院でマッサージを受けました。
接骨院で、ヘルニアによる腰痛に対し医療保険を適用することができないため、自費診療でした。
接骨院で痛みは軽くなったものの、腰痛が完治しなかったため、鍼灸院を紹介してもらいました。鍼灸でヘルニア自体は改善しないようですが、痛みはとてもラクになりました。
これまで東洋医学になじみがありませんでしたが、これからは積極的に取り入れたいと思いました。